平成30年6月18日、大阪北部で発生した地震で被災された方々やそのご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々やそのご家族には心よりお悔やみ申し上げます。 一際、フェンスを扱う当組合では、1981年改正建築基準法違反のブロック塀につきましては以前より懸念し、修繕や目隠しフェンス等への改修工事をご提案しているところでございます。この度の地震により、尊い命が失われたことに心痛しております。 今後も組合あげて一層の改修の声をあげていきたいと思います。

私たち愛知県フェンス防護柵事業協同組合は、「業界の発展を通じて社会に貢献する」を理念として昭和61年に設立しました。 フェンスは、「囲う」から「守る」そして「景観との調和」へと製品が変化してきました。 防護柵は、ガードレールだけでなく道路や歩道の「安全」を目的とした様々な製品があります。 これまで幾多の社会情勢の大きな変化がありましたが、現在に至るまで組合員結束して業界発展のために活動を続けています。 私たち専門業者は、それぞれの目的に応じた製品の販売や施工の提案をさせていただきながら今後も安全な街づくりをサポートしていきます。